メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

介護・古民家・ペットリフォーム

介護リフォームについて

介護リフォームは、介護者と介助者の双方にとって快適な居住空間でなくてはなりません。
介護リフォームと聞くと「介護者が快適に過ごせる家にする」という事を想像しがちですが、介護は介助者がいてこそできる事ですので、介助者の視点も踏まえてリフォームをする事が大切です。

さらに介護と言っても、介護者、介助者の体の大きさや力量、車椅子の場合や自走できる場合など、環境によってリフォーム内容が大きく変わります。
また、今はさほど不便を感じないお家も、将来介護をするようになった際に不便を感じる事も考えられますので、将来の生活をじっくり予想しながらどのようなリフォームにするのか、しっかり考える事が大切です。

補助金について

古民家リフォームについて

古民家の魅力は、現代にはない古き良き日本独特の趣があるところでしょう。
古民家リフォームでは、年数を経て独特な質感に仕上がった柱や梁をそのままに、強度や性能を最新の状態に向上させる事ができます。

しかし、古民家が建てられた当初と現代の住宅の耐震基準は大きく異なります。一見大丈夫そうに見えても、内部の損傷が激しい場合もありますので、工事前に住宅診断を受ける事を推奨します。
断熱や雨漏り対策についても、しっかりチェックをしましょう。また、間取りの変更を考えている場合は、給排水工事や電気工事など内部構造も大きく変える事になりますので、優先的に考える必要があります。

ペットリフォームについて

大切なペットと一緒に暮らしたい!しかし、屋内飼育で生じる問題は少なくありません。
滑りやすい床や激しい段差などは、大切なペットが怪我をしてしまう原因になる可能性があります。さらに、温度や音、ニオイ、汚れ、傷などは、住宅そのものの環境を劣化させてしまいます。

ペットも飼い主も気持ちよく過ごす家にするには、ペット専用の居住スペースを設けたり、床材や壁材を補強してダメージに強くする事などが挙げられます。飼い主が留守にしている間も、ペットが家の中で安心して過ごせる環境にする事も大切です。

リフォームのお悩みがございましたら
どうぞお気軽にご相談ください
お問い合わせはこちら