メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

スマートウェルネス住宅

「スマートウェルネス住宅」からはじまる、新しい未来の暮らし
いつまでもいきいきと健やかに過ごせる「健康寿命」の延伸に向けて。

健康・安心・省エネを実現する「スマートウェルネス住宅」をタカノスリフォームの高い技術力が提供します。

スマートウェルネス住宅とは、エネルギー効率の良い住宅(=スマート住宅)と安心で安全、
健康に暮らせる住宅(=ウェルネス住宅)の2つの性能を持ち合わせた「人と環境にやさしい家」のことです。
エネルギーを上手に扱うだけでなく、健康や安心、さらに節税効果も見込めます!
住宅性能が健康に及ぼす影響に関して様々な研究成果が報告されるようになってきています。
タカノスリフォームの高い技術力があってご提供できる「スマートウェルネス住宅」から、新しいの未来の暮らしが始まります。

病気の原因

病気の原因って何だろう?

家族みんなが健康に暮らすために。病気にならない環境づくりが大切です。まずは、病気になる原因を知っておきましょう。

日本人の3人に1人は高血圧!?

放っておくと怖い高血圧。あなたの血圧は大丈夫ですか?厚生労働省の調査によると、循環器疾患に結びつく高血圧と推定される日本人は全国で4,000万人以上。数は日本の人口の1/3にあたります。

血圧が上がる要因って何だろう?

血圧が上がるおもな3つの要因は、「遺伝的要因」、「生活習慣」、そして「寒さ」です。

循環器疾患による突然死は起床時に注意!

循環器疾患による突然死は起床時に注意! 起床時に寒さなどの条件が加わると、血圧が急上昇する危険があります。

住まいを改善することで解決されるかも

住環境を見直せば病気のリスクが減る?

断熱性能を高めることで、ヒートショックや起床時の血圧上昇を緩和します。

断熱すれば「結露・カビ」が発生しにくくなります。

高断熱のサッシや壁で外気の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制することができます。

高断熱住宅に暮らして血圧値が改善!?

家の中の温度差が緩和されたことで入浴時や起床時の心臓への負担が低下したことがわかりました。

「住まいの満足度」が高い住環境では「ストレス・疲労感・慢性疼痛」が減少する!?

心も体も健やかに、安心・安全な住まいづくりを実現するために。

睡眠に影響を及ぼす3大環境要因は「温熱・音・光」

健康な日常生活を送るために、質の高い睡眠が不可欠です。

人は空気を吸って生きている。

健康を守るためには、計画的に換気を行い、清潔な空気環境を維持することが大切です。

住環境の見直し・改善が、
家族の健やかな暮らしに繋がることがお分かりいただけたと思います。
「スマートウェルネス住宅」こそ、健康寿命の延伸に寄与し、
環境にも貢献するこれからの住まいの形です。