メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

小矢部市 S様の声

空調換気システムで愛犬のお留守番も安心です。

空き家になっていた古民家を思い切ってリフォームすることになり、親戚のすすめでタカノスさんにお願いすることになりました。
延床面積が約86坪もある古民家は、広々としていて気持ちがいいのですが、日当たりが悪く、冬の寒さが厳しいのが難点でした。
そこで、「明るくて、夏涼しく、冬あたたかい家」をお願いしました。入居してまだ1ヶ月足らずですが、タカノスさんにお願いして良かったと思っています。 リフォームといっても、古民家のなかに家族4人がゆったりと暮らせる2階建ての新築を建てたようなもので、リフォーム部分には空調換気システムが効いているので室内温度がとにかく快適です。

今年4歳になるフレンチブルドックを飼っているんですが、家族の留守中も室内温度が変わることがないので、愛犬のお留守番も安心です。

大容量のパントリーやウォークスルークローゼットが便利。

今回のリフォームで便利になったのは収納です。
特に、大容量のパントリーを備えたキッチン収納が秀逸。大量の食品を買いだめしても、まだまだスペースに余裕があるほどです。
ダイニングの腰高窓の下に設けた造作本棚は、天板を中板より広くし、カウンターとしても使えるようにしてもらったので、家族の読書スペースとして活用できます。
また、私たち夫婦が高齢になっても暮らしやすいように寝室は1階にして、ウォークスルーのクローゼットを設置。いまは子どもたちが小さいので、家族の衣類はここですべて賄うことができ、とても便利です。

明るい吹き抜けに吊るした
骨太の無垢材が支えるハンモックがお気に入り。

ダイニングは吹き抜けで本当に日当たりが良く、自然と誰もが集まってくる家族みんなが大好きな場所です。
そこで、室内にいても子どもたちがのびのびと遊べるように、ここにハンモックを吊るしました。
タカノスさんは構造材もしっかりしていて骨太の無垢材で頑丈に建ててくれるので、室内にハンモックを吊るしても全く問題ありませんでした。

アクセントクロスやクッションフロアの柄で「我が家らしさ」を演出。

ダイニングのアクセントクロスやキッチン、ユーティリティーのクッションフロアの柄は、妻がインテリアコーディネーターの方と相談しながら決めました。
フロアごとに遊び心があり、お洒落で、我が家らしいオリジナリティが演出できたと思います。

また、家族玄関の三和土部分に残した家族と愛犬の手形も、記念として可愛いアクセントになりました。
リフォームは既存の柱とのせめぎ合いです。強度を保つためにどうしても抜けない柱を活かしながら、使いやすい間取りを提案していただき、設計士さんには本当に感謝しています。
まだ暮らして間もないですが、空調換気システムは家全体がカラッとしていて本当に快適。これから真夏、真冬が楽しみです。